弦楽部・合唱部定期演奏会



米子東高は部活動が大変盛んなのですが、同じ文化部である弦楽部、
合唱部は毎年合同で定期演奏会を開いています。
私達吹奏楽部も、毎年、合唱のお手伝いをしたり、弦楽とはオーケストラを編成して管弦楽を積極的に演奏しています。

この夏、吹奏楽部の有志は、吹奏楽コンクールの練習の合間を縫って
米子東高合唱部として、全日本合唱コンクール県大会に参加しました。
「歌う」ということも、「吹く」ということも、どちらも全身を響かせて、良い
息をたっぷり使って表現するという点で非常に身近で通じ合うものです。結果は、県大会では金賞を受賞し、中国大会では銅賞でしたが、
合唱をすることは、とても良い経験となりました。
その経験を伝えようと頑張ってきましたが、観客のみなさんには、
伝わりましたでしょうか。エネルギッシュな拍手が、私達を勇気づけてくれました。
課題曲 とむらいのあとは
自由曲 そのひとがうたうとき

その他、マイウェイ
Hail Holy Queen
を演奏しました。

吹奏楽器と打楽器、コントラバスで演奏している我々にとって、弦楽器
というのはなじみが薄く、オーケストラを編成して演奏することは貴重な体験です。

・オーケストラ
「パイレーツ・オブ・カリビアン」
楽劇「ニュルンベルクのマイスタージンガー」前奏曲
弦楽・合唱合同演奏
「ふるさと」
の演奏をお手伝いさせて頂きました。
弦楽部と合唱部にとっては一度しかない大切な定期演奏会ということでプレッシャーもありましたが、
部員みな楽しく演奏できたように思います。また、普段あまりないオーケストラ編成もとても貴重な体験になりました。
最後になりましたが、私達を一緒に参加させてくださった
弦楽部と合唱部の部員の皆様、顧問の先生方には本当にお世話になりました。
この場を借りてお礼申し上げます。
(文責・一年出木)
戻る