吹奏楽講習会



2月17,18日に2日間に渡って吹奏楽講習会が開かれました。

・17日
 17日には米子西高校吹奏楽部さんをモデルバンドとして、基礎合奏についての講習を受けました。
 米東ブラスでは現在基礎合奏をしていませんが、演奏する上での基礎として大切なこともたくさんあり、
 熱心にメモを取っている部員も数多くいました。

 周りの音が聴けないといけない。
 正しいチューニングが出来ないといけない。
 楽譜に食い入らない。
 いろんな所に気を使う。
 姿勢に気をつける etc.……

 私達もこれらのことは出来ているわけではありません。演奏する上で大切なことばかりです。
 特に合奏中に『周りの音を聴く』ことが出来ているでしょうか?自分だけの音ばかりでなく、周りの音にも
 耳を傾けることが出来るように心がけたい思います。
・18日
 18日には、来年度の課題曲講習会がありました。
 来年度の課題曲はマーチ。マーチはテンポが一定なので、変化をつけたくても難しいのだそうです。

 まずバスドラムの音を聞いてさらに裏拍を感じる。メロディーはタンギングに気をつけ、バスドラムに合わせて吹いていく。
楽器の癖も考えて一発で音が出るように工夫する。
 裏打ちは短め・小さめでリズムに乗る。しかしリズムだけになりやすいのでピッチもあわせる。
 このときに一発で正しいピッチが取れないと意味が無い etc.……

 マーチを演奏する上で大切なことをたくさん教わりました。今までの演奏でも十分に出来ていない息の量とスピードを
 同じにすることを守っていきたいです。
 来年度は、今年度よりもさらにいい演奏が出来るように部員一同頑張っていきたいです。
(文責:一年前田)
戻る