鳥取県高等学校総合音楽祭一日目



新一年生を交えての、初の舞台です。鳥取県民会館梨花ホールというとっても広いホールで、 初舞台にあがれるのは感慨深く、嬉しい限りです。


楽器をトラックに積んだあと、学校を9時30分ころ出発。部員みんながはしゃいでいました。
今年初めての遠征なのだから無理もないです。11時30分頃にはもう鳥取に到着しました。

米東は今回、器楽管弦楽、合唱、吹奏楽、ソロ(希望者のみ)の四つの部門に出る忙しさです。

オーケストラに参加するメンバーはすぐに音だしにかかります。

初めての舞台 「魔笛」

モーツァルトを高校生がどう表現出来るか。不安なところがありましたが、なんとか本番を終えました。

周りの評価はなかなか良かったようです。これも一重に長富先生の音楽性と弛まぬ指導のお陰です。

暫くして、合唱メンバーが集合、会場の中庭で発声。緊張が高まります。

そして合唱としての初舞台

「とおりゃんせ」
「とむらいのあとに」

とむらいのあとには特に、歌詞やハーモニーに深みを感じる曲。感じ取るのは簡単でも それを如何に表現するかは、この曲を今年の全日本合唱コンクールの課題曲に撰んだ私達のこれからの課題です。

本番が終わると、ホールをかえて、二日目の吹奏楽の練習をしました。
トゥーランドット、ゴリエダンスナンバーズ。この舞台のため練習してきたことの総まとめ。
皆が集中し、本番前日最後の練習は終わりました。


・・・一日目が終わりいよいよ二日目は吹奏楽としての初舞台です!
二日目へ→
戻る